新着情報

●防火避難訓練を実施いたしました。

2018年01月31日

 大陸からの寒波により関東以北は大変な状況にも関わらず、山口市内は多少の雪は降るものの大きな混乱もなく、春の訪れを待っています。
 本日、本年度1回目(年2回実施)の防火避難訓練を実施いたしました。本社2階の給湯室が火元と想定し、山口市消防本部へ訓練通報、その後、火災報知器を鳴らし「火事だ!」を合図に駐車場へ避難開始です。担当社員の「火事だ」は良かったのですが、火元の確認をしていなかった、と防火管理者の社員から指摘をされました。誤作動もあるので、火元の確認は必要なのだそうです。
 次は駐車場へ避難です。託児所「ひまわり」のこども達も参加してくれました。小さな歩幅で一生懸命に非難するこども達を見ていると、本当の火災は絶対起せないと気が引き締まる思いです。
 駐車場では当社の設備保全課の課長から消火器の使い方の説明と、実際にカラーコーンを火元に見立てて水消火器を噴射、一度は経験してみるものです。最後に防火管理者から講評を聞いて、本日の防火避難訓練は終了しました。
 当社は、業務として設備保全課が消防設備点検を行っており、いわば防火のプロです。もしかの時には仕事の名に恥じない行動が求められると、改めて認識する有意義な訓練でした。
 まだまだ暖房が恋しい毎日ですが、火元には十分注意したいものです。


託児所のこどもたちも非難訓練!


水消火器で一度は経験!