新着情報

◎アビリンピックへ向けて練習!(その2)

2018年08月25日

 防府総合支援学校高等部の生徒さん3名が、10月に開催される「平成30年度山口県障害者技能競技大会」(アビリンピック)のビルクリーニング部門へ出場されることから、この度、当社の品質管理室長が指導をさせていただきました。
 アビリンピックは、障害のある方々が、日頃培った技能を互いに競い合うことにより、その職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々に障害のある方々に対する理解と認識を深めてもらい、その雇用の促進を図ることを目的として、都道府県大会、全国大会、国際大会が開催されています(大会目的)。当社としても、このことに理解をし、競技に参加する選手の方々へ出来る限りのご協力をしているところです。
 各種ある競技の中で、ビルクリーニング部門の競技では、会場内に設けた模擬オフィス(事務室)において、指定時間内に各課題における清掃作業を行います。資機材の適切な取り扱い、確実な清掃技術、サービス業としてのマナー、安全に配慮した作業等が競技のポイントとなります。
 当社研修センターの専用コートでは大会規定に沿った競技の内容、1つ1つについて、当社の品質管理室長は細かく指導し、時間内の競技の流れにメリハリを付けるよう感想を述べたりしていました。指導する先生も具体的に質問し、生徒さんと一緒になって指導を受けています。
 10月に開催される山口県大会に於いて、3名の生徒さんのご健闘を祈ります。


競技に向けての心構えなど・・


引率の先生もビデオで・・


そうそう・・


机の拭き方も順序があります。


最後に一礼して終わります。
 

学校教育支援事業について